★お願い★香り付き柔軟剤は必ず「規定量を守って」お使いください。 一覧へ戻る
  • ★お願い★

    匂い付き柔軟剤は必ず「規定量を守って」お使いください。

    当院の施術者はアレルギー性の喘息があります。
    そのため、匂い付き柔軟剤を”規定量を超えて” "過度に"お使いになられている方は大変恐れ入りますが当院へのご来院をご遠慮くださいませ。

    科学薬品の強い匂いと刺激で、施術中に咳・喉の痛み・目がチカチカする、頭痛・気分の悪さ、などのアレルギー症状を引き起こし、施術に支障をきたしております。
    必ず”規定量を守って”お使いくださいますようにお願い致します。

    嗅覚は「慣れ」が大変早く、柔軟剤が「香らない」とお感じになられて規定量を大幅に超えて使用されているのでしたらそれは嗅覚が”麻痺”しているだけです。
    咳き込みが止まらなくなるほど、強い匂いの方が

    2019年1月:のべ6名様 2月:のべ3名様,3月:のべ6名様,4月:のべ12名様,5月:のべ4名様、6月:1名様 7月:2名様いらっしゃいました。

    強すぎる柔軟剤の匂いはお使いになられるベッドタオルやお着替えに染みつきます。そしてそれだけでなく、施術室のカーテン・院内にある備品類すべて、エアコンの内部フィルター、施術者の衣服、髪にまで、ありとあらゆるものに匂いが移ってしまっています。

    施術室中に柔軟剤の匂いが充満するため、お帰りになられたあとも30分以上、すべての窓を全開にし、換気をしなければ次のお客様に入っていただくこともできません。

    柔軟剤は衣類に匂いが残るように作られているものなので、酸素系漂白剤100g(※通常の洗濯では15g程度でいいのです。)に長時間つけ置きし、二度洗って、天日で干さないことには強い匂いは取れません。それでも取れない時はさらにもう一度、洗い直しになります。

    他、ベッド周りの大型のカーテンもその都度、漂白剤を使ってのつけ置き、二度洗いを余儀なくされております。

    大変な手間とコストがかかっており、ご予約のロスも発生しております。

    ご協力よろしくお願い致します。
  • 2020年04月30日
<<前のお知らせ 次のお知らせ>>

入力内容に誤りがあります。